トピックス
2006年4月1日(土)

報道関係者各位

ビザ・インターナショナル
『日本初のインターネット脆弱性スキャニングとセキュリティ診断の無料サービス』を開始


ビザ・インターナショナル(以下:VISA 日本総支配人:ジェームスJ. オールヒューゼン、所在地:東京都千代田区)は、決済システムを悪用した犯罪を防止するための新たな措置として、日本のカード会員情報の安全強化に役立つインターネットによるセキュリティ診断サービスの無料提供を本年3月31日より開始いたします。この脆弱性スキャニングとセキュリティ診断が無料で提供されるのは日本で初めてとなります。

本サービスは、VISAが、世界トップクラスのウェブサイトセキュリティ評価企業である ScanAlert,Inc.(CEO:Ken Leonard、所在地:カリフォルニア州)および日本でのサービス代行を行う 三和コムテック株式会社(代表取締役社長:柿澤晋一郎、所在地:東京都港区)と提携し、オンラインで自社のセキュリティ診断と検証が可能な無料サービスを提供するものです。さらに今回の提携により、ScanAlert,Inc. および三和コムテック社は、VISAが全世界で実施を義務付けしたリスク管理プログラムであるアカウント情報セキュリティプログラム(AIS)の、加盟店や決済代行業者による検証状況を把握するための包括的な報告システムを、VISAメンバー金融機関に提供する予定です。日本語による自己診断および脆弱性スキャニングテストのサービスは、同社の ウェブサイト から提供されます。

 

Visa アジア太平洋地域 について
Visaはアジア太平洋地域で、他のペイメント・ブランドをはるかに凌ぐ、国際ブランドの総ショッピング取扱高において62%以上のマーケット・シェアを有しています。VISAブランドの総カード発行枚数は2億7700万枚、2005年12月末までの12ヶ月間のアジア太平洋地域におけるVISAカードのショッピングおよびキャッシング取扱高は5790億ドルに達しています。


ScanAlert, Inc.について
米国カリフォルニア州ナパに本社を置くScanAlert, Inc.は、世界最大のウェブサイトセキュリティ証明企業で、SCT SECURE証明プログラムによって全世界で70,000以上のウェブサイトを守っています。この証明マークのあるサイトは、政府および決済産業界の最も厳格なウェブサイトセキュリティ基準を満たし、毎日数百万人の顧客の個人情報を保護していることを意味します。


三和コムテック株式会社について
1991年設立のネットワーク・セキュリティ製品、WEB関連ツール製品の開発、販売専門企業です。2005年度売上高は6億1700万円、社員数は30 名です。「SCT SECURE」証明サービスの日本総代理店であり、IBMiシリーズ向け高可用性ツール「MIMIX」、統合セキュリティソリューション「Security+ ++」、レガシーシステムの汎用WEB化ツール「eLECTRAN」、を取り扱い、それぞれの分野におけるトップブランドとして確立されています。

――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
三和コムテック株式会社 担当:岡山 大
Tel: 03-3583-2518 Fax: 03-3583-2387

ページTOPへ